宇都宮餃子

栄久食品 AQ

※ 栄久食品の商品は卸売専用です。個人への販売は行っておりません。予めご了承ください。

宇都宮餃子会加盟、栄久食品について

手作りジャンボ餃子 栄久食品(AQ)の歴史は40年以上。餃子の都として名高い宇都宮市で、餃子造りを家業としてきました。栄久の餃子は、北は北海道、南は沖縄まで、日本全国に出荷されています。

宇都宮に3つの工場を構え、バラエティに富んだ十数種類の餃子を造っています。何と言っても一番人気は、普通の餃子と比べて2倍サイズの「手造りジャンボ餃子」。

AQは宇都宮餃子会に加盟する、最大手の餃子卸売業者です。宇都宮餃子会は日本で唯一の餃子協同組合。餃子を通じた地域活性化と餃子文化の普及振興を目的に設立されました。

AQ餃子のおいしさの秘密は、一切の妥協を許さない、こだわりぬいた食材選びから。毎日届く、新鮮なお肉と野菜だけを使用します。例えば青森県のニンニク、栃木県のニラ、高知県の生姜。各地の特産品を取り揃えています。品質はもちろん、鮮度も大切なポイントです。

栄久食品の商品(一部)

1965年創業、栄久食品の歴史

1965年、桑野久・綾子夫婦がAQを創業しました。二人は、まさに餃子に身を捧げた人生を、何年も送っていました。夫婦の一日は、まだ日も昇らない朝3時から始まります。食材を仕込み、手造りした餡を、ひとつひとつ手作業で生地に包みます。箱詰め、配送も、一から十まで全て自分たちの手で行いました。AQ餃子の伝統の味は、夫婦の日々の努力の賜物でした。

やがてAQ餃子がお客様の食卓に支持され、事業が成長するにつれ、従業員も次第に増えていきました。現在では40名を超える社員を雇用し、餃子造りに勤しんでいます。

今でこそ、生産拠点の近代化が進み、一部の餃子は機械の手を借りていますが、AQの看板商品「手造りジャンボ餃子」は、その名の通り手造りを続けています。そのレシピは、久・綾子夫妻が産み出した1965年創業当時と全く変わっていません。夫妻は今でもAQの経営に携わっていますが、日々の餃子造りと彼らの餃子にかける精神は次の世代へ。息子のアルバートと娘の幸枝が、餃子造りの精神を受け継いでいます。

代表あいさつ

有限会社 栄久食品、取締役社長の桑野アルバートと申します。栄久食品は、創業者であり、私の両親でもある、久・綾子が築いた餃子造りの伝統を守り続け、餃子に注いだ情熱の炎を灯し続けます。そして、安全で美味しく、真心のこもった餃子を、日々皆さまの家庭へお届けすることをお約束します。

私たちAQ社員の誰もが、餃子を造り、餃子を食べること愛してやみません。きっとAQ社員がいつも元気一杯なのは、毎日の試食で愛情たっぷりのAQ餃子をつまんでいるからなのだと思います。お客様の健やかな暮らしと日々の活力に、AQの美味しい餃子がお役に立てられれば、これに勝る喜びはありません。餃子バンザイ!

会社概要

社名 有限会社 栄久食品 [AQ Foods Ltd.]
1965年創業、宇都宮餃子会加盟
English Site
事業 宇都宮餃子の製造、卸売販売
代表 取締役社長 桑野アルバート [Albert Kuwano Bakonyvari]
所在地 本社(第一工場) 〒321-0144 栃木県宇都宮市末広2-11-9 1F
第二工場 〒321-0923 栃木県宇都宮市下栗2142-1
第三工場 〒321-0144 栃木県宇都宮市末広2-11-9 2F
連絡先 TEL 028-655-2087
FAX 028-655-2063
携帯電話 090-4812-9830
メール eikyu@celery.ocn.ne.jp